防水加工で屋根を守る|水のトラブルを回避するための方法|雨漏り修理はお早めに

水のトラブルを回避するための方法|雨漏り修理はお早めに

防水加工で屋根を守る

作業員

家の屋根というのは切妻屋根や寄棟屋根のように傾斜があるのが基本です。その理由は、雨漏り防止です。屋根に傾斜をつけることで雨水を外へ排除し、雨漏りのリスクを無くすことが出来るのです。しかし、屋根ではなく屋上の場合、または平屋根の場合、この雨漏りを排除する機能は著しく悪くなります。屋上にも平屋根にも少なからず僅かな傾斜がついている場合がありますが、非常に緩やかな傾斜なので従来の屋根に比べると若干防水性が低く、経年劣化を起こしている屋根の場合雨漏りが発生しやすいのです。また、ベランダとして屋上を常に使い続けることにより、傾斜はほんのすこしずつ削れていき、雨水が溜まりやすくなってしまいます。よって、屋上は防水をしっかりとしておく必要があります。
屋上の雨漏り予防の中で最も低コストかつ簡単なのが防水シートです。防水シートをしくことで雨水をはじくので雨漏り予防につながります。しかし、風などで飛ばされる危険があるため、何か重りを置いて防水シートが飛ばないようにしましょう。もう一つの方法として有効なのが防水加工です。防水加工は業者に依頼して行うのが基本となります。屋上に防水層を工事によって作ることで屋根を雨からガードします。防水加工の持続年数は10年以上であり、雨漏りを長い間守ってくれます。特にアスファルトによる屋上の防水加工は20年以上もつことが多いので家を長持ちさせたいときは新築時に防水加工で屋上を雨に強い家にするというのも有効です。